プレイルームが店舗内にありません

プレイルームが店舗内にありません

つまり仕事として店側がプレイを強要している、というスタイルが表向きには取られていないことになっているのです。ソープとはソープランドの略で、「風俗の王様」などと俗に呼ばれたりもします。

あとは性病の危険ももちろん摩天ですので、手堅い自己責任と予防を意識してくださいね。届出上ソープは「公衆浴場」ということになっており、プレイに関する金額は料金表にも明記せず「入浴料○円+サービス料」といった書き方で済ませています。そして「入浴補助」という位置付けにそこにいる女性はなっています。

受付を一旦ホテヘルの場合は店舗で行います。ソープが取っている営業形態にそのからくりはあります。

ちょっとしたデート気分でその時間を過ごせるのが、ホテヘルの魅力です。しかし店舗内にホテヘルはプレイルームがありませんので、店舗で受け付けをしたら近隣のラブホテルなどへホテヘル嬢とともに移動しなくてはいけません。

店の良し悪しがソープランドにもあります。なのでざっくり「サービス料」とだけ料金表にも書かれてあるのです。

男女が裸になって個室で入浴し、個人間でのそこで起きる様々なことはやり取りとする…そういう仕組みがあるわけですね。デリヘルと混同されがちですが、出張をホテヘルは行っていませんので店舗に行って受付をしなくてはいけません。

いわゆる「“某行為”が風俗の中で唯一プレイできる風俗」ということです。「プレイ料金」などと書いてしまうと、性的プレイを店側が実行させていることになりますから。

サービス料がこの場合プレイ料金のことであり、大体の相場は入浴料の2倍となります。料金は分けても不明瞭なので、まず初心者は金額を確認しておいた方がいいでしょう。